ぶんぶんむしのヤレ馬ブログ (千葉、甲信越 ツーリング)

あてにならない経験や、六感に頼るな!五感を磨け!!

スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
ホーム > アーカイブ - 2012年09月

アウト屋の牙城

シンジ:「僕は・・・僕は・・・僕は・・・」

ゲンドウ:「やれ!シンジ」

ミサト:「リツコ・・・外からの確立は?」

リツコ:「・・・マヤ・・・解析を急いで・・・」

マヤ:「駄目です。0.0069%以下です」



競艇もですか・・・

ごきょうみのある方はこちらまで




[ 2012/09/29 23:34 ] 依存症 | TB(0) | CM(5)

2012夏(秩父多摩甲斐国立公園編)

ちょっとアップが遅くなってしまいましたが、この夏のプチツー記事です

市川ICから京葉有料で、ブイーン♪と7号小松川線~4号新宿線~中央自動車道、八王子ICで降り、滝山街道からサマーランドを左に見ながら、武蔵五日市駅を左折、檜原街道から奥多摩周遊道へ

奥多摩周遊道数馬入口
有料道だった面影が無くなっていました!とても奇麗

檜原村から入った方が、コーナーワークが易しい(下りのRが極端に苦手な、ライダー&ヤレ馬の為)のと、今回のコース選択の広がりを考慮したからです

トコトコ♪

奥多摩入口
ゆっくり走って安全運転♪ 気温26℃ 超気持ちイイ

深山橋を渡り、信号を左折 大菩薩ライン(R411)で山梨方面へ

お初のトンネル
施工年月日のプレートが剥ぎ取られているみたいです!!いつ完成したか知りたかったぁ

柳沢峠で昼食(AM11:00)平日なのでバイクの品評会みたいになって無くて良かったぁ

柳沢峠の茶屋
麦とろそばをいただきます

柳沢峠から、富士山を見てみる
富士山は見えませんでした

山梨の平野部は暑くて堪りません、フルーツラインと書いてある広域農道?を使って雁坂みち(R140)に出ます、っあ、フルーツラインは標高もそこそこあって、気持ち良かったです なにより葡萄の甘~い香りをタダ嗅ぎ出来ました

雁坂みちでは広瀬ダムにある道の駅みとみでコーヒータイムです

007_20120928003111.jpg
空気感が堪らなく気持ちイイです

さあ、今回、記事にしたかったメインスポット雁坂有料トンネルです ここは軽車両等の区分がありません(560円)が、山梨と埼玉を結ぶトンネルなんて便利じゃないですか! さあ6㎞以上のトンネルに挑戦です

雁坂トンネル料金所
料金所は山梨側にあります

夏場のトンネルでいつも感じる事・・・

「涼しくて気持ちイイ~♪」

雁坂トンネルでも「涼しくて気持ちイイ~♪」

でした・・・、いつまでも続くトンネル

更に、ここは鍾乳洞か?と思わせる位の温度にまで下がっていない?

ガクガク ブルブル

ガクガク ブルブル

ガクガク ブルブル

速度制限を守る10分もガクガク ブルブル私はこっち

速度制限を超過する?分も超ガクガク ブルブル

やっと日の明かりが見えてほっとするまで10分ですよ~

真夏でも半そで短パンサンダル履きでブイーンなんて入ったら体調をおかしくしますよ・・・

彩甲斐街道(R140)を荒川に沿って走ります

温度変化のせいか、眠くてしょうがありません「温泉入って眠りたい・・・」

大滝温泉 白久温泉 の誘惑を振りきって、道の駅あらかわでコーヒータイム♪にします

道の駅あらかわ
今時のエスプレッソタイプのコーヒーでしたが、スタッフの方が温かかったです

彩甲斐街道は三峰口まで秩父鉄道とも並走しています 道の駅あらかわでは、踏切を渡ります

秩父鉄道
三峰口方面行き~

蒸し暑いんですが、身体はまだ凍ったようです

上野町交差点で右折 R299を正丸峠へ向かいます

道の駅芦ヶ久保でちょっとトイレを拝借

正丸トンネルは利用せず、正丸峠をモンキーターンで

関東平野は蒸し暑い
関東平野を一望できます

016_20120928021325.jpg
 

正丸峠限定ステッカー
イニシャルDで、この峠もモデルになっているみたいですが、荒れ放題でゆっくりでしか走れません

ボッカルーボ
ボッカルーポ 未だ、電力問題の為休業中 パスタが食べたかったのに・・・残念

そして630メートルを下山 高麗(また彼岸花の頃来ると思います)を通過しR16を川越ICから関越自動車道経由で帰宅しました

いろんな所にトンネルが出来て、便利になるのは良いけれど、日本の素晴らしさをショートカットしちゃうような急ぐツーリングはしたくないなぁ~


今日の夕焼け
焙煎部屋から1

焙煎部屋から2





[ 2012/09/28 02:15 ] ツーリング | TB(0) | CM(2)

掌握の砂(本当に大切な物は既に手の中にある編)

いつも傍にいたから、「当たり前だ」と思っていた

有り難さを、感じていなかった訳では無かったけれど

当たり前だ と思っていた

この手から逃げてしまった・・・

追いかけて

見失い

何処までも探し続け


自分が何処に居るのかすら、解らなくなってしまった

[ 2012/09/22 00:46 ] 健康 | TB(0) | CM(2)