ぶんぶんむしのヤレ馬ブログ (千葉、甲信越 ツーリング)

あてにならない経験や、六感に頼るな!五感を磨け!!

スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード ライダースウエアレザーショップ
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)
ホーム > アーカイブ - 2016年04月

願い(穏やかな光、編)

巨木の根

一刻も早く、日本中のみんなに、穏やかな光が差し込みますように・・・

[ 2016/04/19 20:28 ] 江戸川区自慢 | TB(0) | CM(0)

恐怖!!デカビタの破片(パンクをさせるのは何だ?編)

我がヤレ馬レブルは、オールドアメリカンなオールドバイクでスポークホイールのチューブタイヤを履いています

チューブに何らかの原因で穴があくと・・・

身体で言えば、胃にできたポリープの良性、悪性を調べるのに、わざわざオペ{手術(しゅじゅつ、英: Surgery, Operation)とは、外科的機器やメスなどを用いて患部を切開し、治療的処置をほどこすこと}をして調べるような事をわざわざしなければいけないような手間と感じています

ヤレ馬レブルで遭遇したパンクの原因は、100%の確率でこいつの仕業です

木ねじ(皿タイプ)

こいつがタイヤに食い込みちゅーっと空気を吸ってる姿はまさにモスキート。毎回腹で湯が沸く程腹が立ちます

そして、「チューブタイヤじゃなかったらなぁ~」と思うわけです

タイヤムースを充填するほど、頻繁にパンクするわけでもない所がまた歯がゆい所で、忘れた頃にモスキートに刺されます


チューブレスタイヤのバイクに乗って、恐怖を感じるのは、古代人が作ったと思われる鋭利に研磨された石と、アブドーラ・ザ・ブッチャーとタイガー・ジェット・シンが小道具で使ったと思われるビンの破片です

さすがにそんな石やビンはめったに遭遇しないですが、良く見かけるのがデカビタCのビンの破片です

こいつはどういう訳か、側溝付近に潜んでいることが多いように思います

郵便局の配達員さんなどが、4メートルの私道をギリギリにUターンする時に、前輪でこいつを踏んでしまいます

チューブタイヤ、チューブレスタイヤどちらにも関わらず、裂け方によってはタイヤを交換せざるおえません

まぁ、このケースはチューブタイヤな私も、納得がいくんですけど・・・

いずれにせよ、いかなる理由があっても、デカビタのビンはきちんと廃棄しましょうね



[ 2016/04/13 07:25 ] バイク関連 | TB(0) | CM(0)

タイヤおろし(センター部分薄ぅ~編)


タイヤおろし

半身を3枚(骨含めて4枚)におろしてみました^^

真ん中だけホッチキスの針でもパンクしそうな薄さ・・・



[ 2016/04/08 18:18 ] バイク関連 | TB(0) | CM(2)