タバコに関する考察 ぶんぶんむしのヤレ馬ブログ (千葉、甲信越 ツーリング)

あてにならない経験や、六感に頼るな!五感を磨け!!

スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
ホーム > たばこ > タバコに関する考察

タバコに関する考察

誰も、ニコチンに縛られたくて、タバコを吸い始めたりしてい無いはずです。

私の時代では、舘ひろしが、青ケント  柴田恭兵が、赤ラーク。本牧埠頭や、元町に出掛けて、黒サングラスを掛けては、ヒーローになりきって、タバコに火を点けたものでした。

古くは、敗戦当時(生まれてないですよ)、マッカーサーが来日したときから、タバコは、大人の粋な小道具でした。

最近のタバコ事情といえば、魔女狩りの如く・・・です。

実際、大勢がNOですから、粋でもなければ、大人への憧れでもなんでも無い時代ですね。

自分をコントロールできずに居る哀れさすら感じます。

私は、それでも吸い続けます。身体にいい事だけがYESではないと思うからです。

ただ、マナーを身につけておく必要は、最低限ありますけどね。

人への思いやりがなにより、なんでしょうね。



[ 2005/08/10 01:41 ] たばこ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://newmoonrider.blog5.fc2.com/tb.php/110-3663334d