はっちとの出会い ぶんぶんむしのヤレ馬ブログ (千葉、甲信越 ツーリング)

あてにならない経験や、六感に頼るな!五感を磨け!!

スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード ライダースウエアレザーショップ
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)
ホーム > ねこ > はっちとの出会い

はっちとの出会い

8月にみなしごになり、愛ある女子高生に救われたはち   はっち



はっちを迎える、M78星雲の住民たち    じゅわっちand so on





18年連れ添っていた♀シャムのミミを失って、傷心していた我が家に引っ越してきたのは、去年の10月でした。

愛ある女子高生がつけた名前ははち

8月に生まれてきたから「はち」という名前はねー?!どうかと・・・

家族会議の話は、以前お知らせしましたが、名無しの期間が、数日あったんですね

とりあえず、「はち」と呼んでいた家族

仮の新しい名前を付けても、しっくりきませんから、間違えて「おーい、はち」

しまいにはそれぞれが、違う名前を付けて呼ぶ始末

「じぇろー」(ウルトラのはは、演歌好き)

「はちぃ」(ウルトラのちち、もう年で記憶力に限界があります)

「ココぉー」(じゅわっち、リリアン・ジャクソン・ブラウンのファン)

はちも困惑必死です。

打開案は・・・ウルトラのちちに合わせる方向で進めるしか道がありません。

なんせ記憶力に限界がありますから・・・

で、はっちに決まりました。

※後付けのストーリです  みなしごだったからは・・・ 
全てはウルトラのちちの記憶力で決まったのでした。

[ 2009/03/05 17:44 ] ねこ | TB(0) | CM(2)
そうだったんですか!

ドブロフスキーにしなかった訳がやっとわかりました。
[ 2009/03/06 01:19 ] [ 編集 ]
そうなんです。
ギャグってますけど、事実なんです。

ですから、ドブロフスキーなんてあり得ません。
わたしは、ドブロフスキー刷り込まれてますから、それでも良かったんですけどね。
エルだったら、わたしも覚えるのに苦労するかもしれませんね。
[ 2009/03/06 01:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://newmoonrider.blog5.fc2.com/tb.php/142-e6798457