スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード ライダースウエアレザーショップ
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)
ホーム > 依存症 > balikbayanさんと念願の食事をしました(石坂浩二に似たダンディーなお兄ちゃん編)

balikbayanさんと念願の食事をしました(石坂浩二に似たダンディーなお兄ちゃん編)

「良心の呵責に駆られるのは、人間だけ」

ヤホーブログから、と言うより、私が悪魔と契約していた頃からのお知り合いの、FC2ではコアな読者を沢山お持ちのIsang Lahiでお馴染のBalikbayanさんが、私の行きつけの居酒屋「弥助」まで遥々いらして頂き、一緒に食事しました^^

私自身が、無知である事すら知らなかった頃を、専属カメラマンの如く、鮮明に記憶されている、唯一の人物です。

今回盛り上がったお話は、balikbayanさんの好みや、人生観等でした。が、この記事では、私の駄目駄目時代にフォーカスする事にします。(だって、私ですら忘れてしまっている事を覚えていらっしゃるんですから…)そして、私の駄目駄目人生の生き証人の称号をbalikbayanさんに捧げると共に、あくまで平和主義で、この時代にして、数少ない優しい石坂浩二似のJapaneseである事を、私は、声を大にして訴えたいと思います。

日本という国が、balikbayanさんの様な方ばかりの社会だったら、こんなに日本はギスギスしていないであろう事も付け加えておきます。


と、私の過去が悪魔と契約していたと表現しましたが、それは、復讐に生きたという訳では無く、自分を自分自身で追い詰めていた時期と言う事です。

その頃、私は自分にまつわる全ての事に、無理をした将来設計をさせられていたと思っていました。

事実は、私の未熟さが、自分の人生であるにもかかわらず、人のせいにする、自分で責任を取れない子供だったんですネ。

そこから逃げ出そうとして、自虐的な行動に走った訳です。

その頃の私に、balikbayanさんは3諭吉身銭を投じてお付き合い頂きました。←全然覚えていませんでした。私の記憶をクリアしてしまっていたんですネ。(ちょっと法に触れる事ですので、詳しくはお話しできません ゴメンナサイ)←あくまで自分を傷つける行為ですけど…balikbayanさんにはホント、悪い事をしたと思っています、ゴメンナサイ。

自分の人生を修正する会話が出来ずに、行動で破綻してしまおうとしていたんだと思います。

沢山の人の愛に救われ、自分自身も自分の人生を自覚して

今、奇跡的にも平穏な生活をしています。


「次回は、ウナギのかば焼きランチにしましょうネ、balikbayanさん」



[ 2011/01/03 22:46 ] 依存症 | TB(0) | CM(2)
おかげさまで楽しい新年を過ごせました

是非また時間を作って「弥助」で語り合いましょう!

貢ぎ物のコーヒーまで頂いてしまい恐縮です
[ 2011/01/04 10:59 ] [ 編集 ]
いやぁ、とんでも無いです。

「弥助」凄いでしょ。あり得ない金額で飲ませてもらっているんですョ、いつも。

念願の名刺交換もできましたし、私も満足しています。(お互い本業の物では無かったですが…)

コーヒーも更に研究していきますので、アドバイス下さいね^^

ところで、お互い老眼の進行何とかならないですかねぇ~
[ 2011/01/04 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://newmoonrider.blog5.fc2.com/tb.php/376-5eb032b6