スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
ホーム > 健康 > ヘルニアによる、神経症状が消えた…(ヘルメット交換時期の苦悩編)

ヘルニアによる、神経症状が消えた…(ヘルメット交換時期の苦悩編)

「摂氏70度以上の環境では、傷ついた細胞が活発に再生しだす」

確立されたエビデンスは全くないんです^^;

が、民間療法的な記事と思って読み飛ばしてくれれば光栄です




私がバイクと向き合ううえで、最大の問題はヘルメットにあります

以前、髪がホルモン領域に沿って見事に薄くなっていった事を記事にしました(かなり良くなりました)が、今回は頸椎にあるヘルニアの事です

私の備える記憶装置の、格納庫らしからぬ大きさの頭蓋骨

当然、ヘルメットもXLサイズを使用せざるおえないんです

サイズに比例して、ヘルメットも重くなります

首周りの環境に問題無ければ、ヘルニアがあっても、神経を圧迫される事は無いので、何の問題も無く生活出来ます

無用に重い頭に、無用に重い頭に合わせたヘルメットを被ると、状況は変わってきます

首の筋肉で「ギューッ」と頭を支え続けていないと、頸椎が圧迫され、神経に触れて圧迫された神経領域が痛み出すんですネ


冬の時期にも同じような状況になります

冷えで、筋肉が委縮してしまうからです(不用心にバイクに乗りまくっているから)

それを、毎年、東京天然温泉古代の湯へ通い、低温サウナ(70℃)で汗を流しながらストレッチすると、良くなるんです(血行が良い環境でのストレッチだから効果的なのかもしれませんネ)

話は、ヘルメットに戻りますが、イケてるデザインのヘルメットを衝動買いしたいんです、ネットショッピングで購入してもみたいんです、が、重さの具合が最重要項目になりますので、用品店で、ヘルメットを被りまくって、髪をぐしゃぐしゃにしながら、手でヘルメットの上から圧迫している姿を目撃したら、たぶん、それが私です。


[ 2011/03/07 07:00 ] 健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://newmoonrider.blog5.fc2.com/tb.php/395-068f3cf8