スポンサーサイト

プレゼントにぴったり!「月の土地」が贈れるギフトカード
Color Me Shop! pro minne
ETC協同組合のガソリンカード
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
ホーム > 健康 > サウナな生活(人任せに出来ない、私の人体実験編)

サウナな生活(人任せに出来ない、私の人体実験編)

冬月:「17年ぶりだな」

ゲンドウ:「ああ」

ミサト:「ヘルニアは変わっていなかったと・・・?」

リツコ:「勿論、ただ神経に触れなくなっていただけで、何か変わっていたわけではないわ」

ぶんぶんむし:「関節は消耗品、筋肉は再生品」

寿命が伸びれば伸びるほど、「関節をいかに温存するか」という事が大切になって来ます

関節は、何で温存するか・・・

筋肉で守るしかないです


2月頃から、私のヘルニア(頸椎椎間板)が神経に触れだし、次第に症状が増幅していきました

(左大胸筋に放散痛→✚肩甲骨周囲に放散痛→左握力低下)

で、再発症した17年前に実践して、効果的だったサウナ療法に取り組み始めました

筋力にはある程度自信があったので、椎間を圧迫する筋肉疲労を改善することが主目的です

天然温泉古代の湯にある85℃の中温サウナで、じっくり温めながら、汗を感じ始めてから肩周囲、首のストレッチ

1セット12分を3セット  ×3 (/日)

を、週に1~2回

ひと月ほどで、本来の握力を取り戻す所までは漕ぎ着けました・・・

まだ、放散痛は残っています


次回予告:サウナな生活「中身の割には、箱が大きい頭を支える能力をつけろ編」






[ 2014/06/07 13:22 ] 健康 | TB(0) | CM(2)
お互いもう彼方此方にガタがくる年頃ですね…

僕の身体も最近目に見えて劣化してきましたv-7
[ 2014/06/07 21:40 ] [ 編集 ]
劣化してきてますね^^;

私は、目と脳が激しいなぁと感じています
[ 2014/06/07 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://newmoonrider.blog5.fc2.com/tb.php/550-a9b01dc4